シルキースワンは肌荒れしない?副作用や危険性はあるの?

シルキースワンで肌荒れする危険性や、その他副作用のような影響はあるのかについて解説しています。
MENU

シルキースワンは肌荒れしない?副作用や危険性はあるの?

どんなスキンケアでも気になるのは副作用。
口コミでもまれに肌に合わないという意見もあるものの、どの成分に気を付けた方がいいかを知りたいですよね。

 

そこで、シルキースワンの中で副作用やアレルギーの可能性がある成分を調べてみました。

 

シルキースワンに配合されている中で影響が出る可能性のある成分は?

ハトムギエキス

皮膚を柔らかくしてイボを取る成分です。
シルキースワンの主成分に当たるものではありますが、まれに副作用が出ることもあります。
じんましん、発疹、胃の不快感、下痢があります。
胃腸の弱い方は注意した方がいいかもしれません。

 

オウゴン根エキス

男性ホルモンへの作用があるため皮脂を抑える効果があります。
大量に取らなければ特に生殖機能への影響はないためそれほど心配はいらないものです。

 

ダイズ種子エキス

アトピーや喘息のある方はアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。大豆
アレルギーのある方は避けましょう。

 

杏仁オイル

まれにアレルギーがあることもあります。服用すると下痢の原因になることも。

 

 

これらが主に副作用に気を付けた方がいいとされる成分ですが、
服用する場合に注意が必要なもので肌に塗る場合にはそれほど気にしなくてもいいものです。

 

この他にもカンゾウやドクダミといった漢方素材が入っていますが、
よほどの敏感肌でない限り心配はないという意見がほとんどですね。

 

アレルギーのある方は先に皮膚科や内科でどのような成分に注意すべきか確認しておく
のがいいでしょう。化粧品に入っている成分なのでそれほど大量には入っていませんが、
心配な方はパッチテストをしてみてください。

 

漢方素材が多いため体に優しいものではありますが、たとえ漢方であっても体質に合う合わないは必ず発生します。
漢方イコール副作用ゼロではないのです。
もしもかゆみや腫れなどが出てきたということが発生するようでしたらすぐに使用を中止しましょう。

 

シルキースワンは小さな1ミリ前後のイボに効果を発揮するものです。
急激に大きくなったりするようなものは化粧品では治りません。

 

ヒトパピローマウィルス感染かもしれませんので、この場合は病院での治療が必要です。

(※現在公式通販にて初回82%OFFキャンペーン実施中!)

 

シルキースワンを3ヶ月使ってみた管理人の体験口コミ

このページの先頭へ